飲食業・風営法の許可等

費用等 報酬(税抜き) 合計
飲食店営業許可 自治体(保健所)により異なる
1万数千円から2万円ぐらいの間
3万8千円 左記の合計額
深夜酒類提供 9万8千円 9万8千円
特定遊興飲食店営業許可 2万4千円 17万円 19万4千円
風俗営業許可1号
  (料亭、スナック、キャバクラ等)
2万4千円 15万円 17万4千円
風俗営業許可2号
  (10ルクス以下 喫茶店、バー等)
2万4千円 15万円 17万4千円
風俗営業許可3号
  (見通し困難 インターネットカフェ等)
2万4千円 17万円 17万4千円
風俗営業許可4号
  (麻雀店等)
2万4千円 18万円 20万4千円
風俗営業許可4号
  (パチンコ等)
2万5千円
検定機加算(2800円+台数×40円)
認定機のみなら加算なし
77万円 79万5千円~
風俗営業許可5号
  (ゲームセンター等)
2万4千円 20万円 22万4千円


※他の業種の料金につきましては各専門サイト内でご案内しております。



法人設立

費用等 報酬(税抜き) 合計
株式会社設立 紙の定款9万2千円~
(公証人5万円,印紙4万円,謄本2千円分含む)

電子定款5万2千円~
(電子の定款の場合、印紙代0円)
その他書類作成、取得の場合実費
※1 登録免許税15万円~

8万円、別途司法書士報酬がかかります。 左記の合計額
合同会社設立 定款を作成する必要はありますが、
公証人による認証の必要が無いため、
定款費用なし
その他書類作成、取得の場合実費
※1 登録免許税6万円~
6万円、別途司法書士報酬がかかります。 左記の合計額
NPO法人設立 定款を作成する必要はありますが、
公証人による認証の必要が無いため、
定款費用なし
登録免許税非課税のためなし
他実費
16万円、別途司法書士報酬がかかります。 左記の合計額
一般社団法人設立 ※1 登録免許税6万円
公証人費用5万円他実費
18万円、別途司法書士報酬がかかります。 左記の合計額
一般財団法人設立 ※1 登録免許税6万円
公証人費用5万円他実費
18万円、別途司法書士報酬がかかります。 左記の合計額


※1 法人設立登記の登録免許税については費用総額の目安がつくように記載しております。
通常、法人設立登記の登録免許税を行政書士が請求することはございません。
司法書士が、法人設立登記手続きを通じて、国税として納付手続きを行います。