「入管」の記事一覧

ウクライナが7月からロシア人に査証を要求

入管

ウクライナに入国するロシア人に7月から査証(ビザ)が要求されるようになります。 まず戦争状態にあって、敵国の国民が入国できていたことに驚きますが、これまで査証なしで入国できていたことにもっと驚きます。 ウクライナは199 […]

外国人観光客受け入れへ

入管

国内の新型コロナウィルスへの警戒は緩和サれていますが、外国人の入国は制限されていました。 政府は1日の入国者数を2万人まで緩和しました。 入国手続きについても感染リスクの低い国や地域の人は検査を免除されます。 それに加え […]

特定技能での在留者

入管

出入国管理庁の発表によれば、今年3月の時点で特定技能の在留資格で在留する外国人が6万4730人いることがわかりました。 特定技能はできて約3年になる比較的新しい在留資格です。 労働力不足解消のためにできたと言って良いと思 […]

初めてなのに2号

入管

新型コロナウィルスの流行前から人手不足が問題になっていたため、外国人労働者の活用の必要性が高まっていました。 それまでは技能実習生が中心だったのですが、2019年から特定技能という新しい在留資格が生まれています。 特定技 […]

暴走前の遠泳

入管

昨年8月、北海道の標津町で警察に保護されたロシア人男性がいます。 駐在所の前にいるところを通行人に通報されたのでした。 本人は国後島から泳いできたと言っていたのですが、綺麗な格好でマスクなどもしていたため調査が進んでいま […]

お代はいただきません

入管

新型コロナウィルス流行の影響により、外国人の入国制限がかかることがあります。 その意味では入国してくる外国人の数が平常時よりは少なくなっています。 すでに入国している外国人の中には、元々不正入国だったり、在留資格の期限が […]

難民という難問

入管

ウクライナ難民を受け入れる準備が進んでいます。 政府は難民として受け入れ、就労を認める方針を打ち出しています。 通常、難民のままでは就労は認められず特定活動へと在留資格を変更して働くことになります。 これをウクライナ難民 […]



ページの先頭へ