「入管」の記事一覧

特定技能1号の第1号

入管

新しい在留資格で在留資格が認められた外国人が出ました。 「特定技能」という在留資格です。 法改正がなされ今年の4月から運用が始まっています。 特定技能には1号と2号があります。 特定技能1号は特定産業分野に属する相当程度・・・

外国人相談窓口の設置

入管

新しい在留資格である特定技能の運用が始まり外国人の相談窓口の設置に各自治体が苦慮しているということを以前書きました。 法改正を急いだために予算の準備や相談窓口の設置体制をどのようにするかなど各自治体まかせの状態で運用が始・・・

特定技能で検査する結核ってどんな病気

入管

特定技能の在留資格を取得するのに結核の検査が義務付けられています。 だいぶ結核の患者が日本から減ったようです。 日本は依然として患者数は低い水準ですが毎年結核にかかる人は出ます。 結核は結核菌に感染することで発症する病気・・・

海外で初の特定技能試験

入管

新しい在留資格である特定技能の試験が海外ではじめてフィリピンのマニラで行われました。 介護分野での試験です。 試験はPC(パソコン)で行われます。 介護分野の場合、介護の基本問題等45問、介護に関する日本語に関する問題1・・・

登録支援機関の登録が遅れ気味

入管

新しい在留資格である特定技能の運用が始まりました。 これまでも何度か記事にしていますが、最近書いたのは登録支援機関についてです。 この登録支援機関の登録が上手く進まず在留資格の変更や取得に影響が出てきそうです。 登録支援・・・

技術と仕事のシフト

入管

新しい在留資格である特定技能の運用が始まっています。 新制度の創設が級であったため生活支援等地域での対応については自治体丸投げとなっています。 そのため予算の問題も含め各自治体は頭を悩ませています。 具体的な支援策はもち・・・

特定技能の登録支援機関

入管

新しい在留資格である特定技能の運用が始まっています。 人手不足の解消に役立つのではないかと期待され義務付けられている試験の申込みは予定人数を超える人数が申し込みをしているようです。 特定技能という在留資格の制度では受入機・・・

ページの先頭へ