「入管」の記事一覧

技能実習のフリーエージェント化

入管

現在の技能実習という在留資格が、実質的に安い賃金で外国人を使うための手段として使われることになってしまっていることから、制度の見直しが検討されています。 今国会でも関連法案が提出される予定になっていますが、新しい在留資格 […]

特定技能の追加を検討

入管

外国人の在留資格である技能実習の見直しが進められる中、新たな在留資格としてすでに運用されているのが特定技能です。 特定技能は人手が必要な業種である現在12分野で認められています。 現在、認められている業種以外でも人手不足 […]

ルパンを超える

入管

出入国管理庁が、中南米などで生活している日系4世を対象に、日本での滞在条件を拡大する方針を明らかにしました。 これまでも、日系4世が日本で働きながら日本の文化が学べるような制度が作られていました。 2018年に作られた制 […]

意味の取り違え

入管

大相撲で外国人力士がいるのはあたりまえの状態になっています。 特に、モンゴルにはモンゴル相撲もあるので、実力のある力士がたくさん大相撲の力士になっています。 外国人スポーツ選手の場合、アマチュアであれば「特定活動」という […]

育成就労に変更か

入管

在留資格、技能実習の見直しが進められてきました。 新設された特定技能との使い分けの問題もあり、両制度について検討されてきましたが、政府の有識者会議で技能実習に代わり、「育成就労」という在留資格を創設するという案で最終報告 […]

票に繋がらないからこそ大切な対話

入管

熊本市で生活する外国人と熊本市長が対話する集会が開かれました。 選挙権を持たない外国人だからこそ、自治体が地域の外国人に配慮することが大切になってきます。 集会では主に、日常の生活に関する問題が話し合われました。 話題と […]

上手く移行できるか

入管

技能実習制度の見直しを検討している政府の有識者会議で、新制度の骨子が示されました。 技能実習は、日本で技能を身につけてもらい、本国で活かしてもらおうというのが本来の制度趣旨です。 実際には、安い労働力として使われるという […]



ページの先頭へ