「相続」の記事一覧

例外的な取り扱いでも公平になる場合

相続

不動産について相続が生じた場合、相続税が課されます。 相続税法では相続税の算定は財産取得時の時価によるとされています。 時価の算定には国税庁では実勢価格の8割程度と言われている路線価が用いられています。 路線価による算定 […]

手続きだけでなく判断も重要

相続

相続発生時に相続するかどうかを決めなければなりません。 プラスの財産の方が多ければ相続した方が良いですし、マイナスの財産(借金など)の方が多ければ相続放棄をした方が良いということになります。 財産額に関わらず相続するかど […]

見つかりやすく、バレにくく

相続

遺言書を作成するにあたり、財産目録を作成することがあります。 通常、財産目録には預貯金や不動産などが記載されます。 現実の店舗でのサービスを利用していない場合、デジタル資産である場合も増えています。 相続ではプラスの財産 […]

「相続では全部移転する」の意味

相続

最近このブログの記事で、法改正により相続登記が義務化されることを書きました。 そこで今回は相続登記を通じて相続で権利や義務が移転するというのはどのような意味なのかについてご説明したいと思います。 まず、相続登記は権利の移 […]

相続について期間延長の申立をご活用ください

相続

コロナウィルスの影響により外出が自粛されていることもあり、様々な手続きで期間の延長などが認められています。 例えば今年も確定申告の期間が延長されていました。 相続に関してもこの期間の延長があります。 コロナウィルスの影響 […]

相続額をゼロにする方法

相続

相続に関する前回の記事では、相続人の1人に全額相続させることができることを書きました。 そうすると複数の相続人がいる場合、相続割合がゼロになる人が出てきます。 このように相続割合がゼロになった相続人でも一定割合は遺留分と […]

相続額が法定相続分を下回ったら

相続

相続人について誰にいくらの財産を残すかは被相続人の自由です。 極端な話、相続人のうちの1人に全額を残すという遺言も有効です。 ただし他の相続するはずだった人には遺留分というものがあります。 遺留分とは被相続人の意思によっ […]



ページの先頭へ