「民事」の記事一覧

成年後見人をご依頼の際は

民事

残念ながら成年後見制度で行政書士から逮捕者が出てしまいました。 お客様の財産に手を付けてしまったようです。 大阪で成年後見人となっていた行政書士が業務上横領で逮捕されてしまいました。 これは行政書士だけの問題ではなく弁護・・・

司法でのイノベーション

民事

最近行政手続きがデジタル化、オンライン化されるということを度々書いていますが行政手続きだけではないようです。 司法の分野でも法改正の動きがあります。 与党と言われる政党では有識者会議の設置を決め新たな民事司法の改革を進め・・・

行政手続きのデジタル化が進む

事務所その他 民事 許認可

デジタルファースト法案の閣議決定により行政手続きのデジタル化、オンライン化が加速されそうです。 最近も行政手続きのオンライン化のためにマイナンバー通知カードが廃止されマイナンバーカードの取得が促進されるという記事を書きま・・・

24時間戦えますか?

民事

セブイレブンの加盟店が24時間営業で揉めています。 問題となっているお店は店主が奥さんと一緒にコンビニを営業していましたが奥さんが亡くなったため一人でお店を経営しなければならなくなったのです。 アルバイトを募集してもなか・・・

改元と日付の問題

民事

もうすぐ元号が変わります。 改元に伴い様々な問題が生じることが予想されています。 今月からは自動車の運転免許証の有効期限に西暦と元号が併記されることになります。 有効期限がこのような記載になるのは来月で改元されるので平成・・・

男女間での契約書

民事

行政書士で男女に関する業務として離婚業務があります。 離婚でもめている際に当事者の間に入って交渉することは行政書士はできませんが、一度離婚が決まっているのであれば離婚協議書の作成はできます。 ご本人たちの意思に基づいての・・・

仮想の技術がリアルを変える

民事

音楽業界での著作権管理のあり方が変わっていきそうです。 これまで著作権を有するアーティストの権利への希望に対応することや正当な利益分配が難しいという問題がありました。 仲介業者や監理団体などアーティストと利用者の間に何ら・・・

ページの先頭へ