「特定技能」タグの記事一覧

特定技能での在留者

入管

出入国管理庁の発表によれば、今年3月の時点で特定技能の在留資格で在留する外国人が6万4730人いることがわかりました。 特定技能はできて約3年になる比較的新しい在留資格です。 労働力不足解消のためにできたと言って良いと思 […]

初めてなのに2号

入管

新型コロナウィルスの流行前から人手不足が問題になっていたため、外国人労働者の活用の必要性が高まっていました。 それまでは技能実習生が中心だったのですが、2019年から特定技能という新しい在留資格が生まれています。 特定技 […]

就労資格見直しの勉強会

入管

特定技能という新しい在留資格ができて、運用が始まっています。 許可件数は法務省が当初考えていたよりも、少ないのではないかと思います。 上手く行っているという手応えもあるのか、当初の許可対象業種以外にも拡大されようとしてい […]

在留期間の上限撤廃拡大へ

入管

新しい在留資格として特定技能という在留資格が運用されています。 労働力としては技能実習や留学生が安価な労働力としてグレーな感じで使われてきた部分がありますが、技能があるならストレートに就労系の在留資格として受け入れようと […]

コロナ下での外国人の転職

入管

特定技能という新しい在留資格が運用され始めてじから間もなく新型コロナウィルスの流行により外国人が日本に来にくい状況が続いています。 特定技能という在留資格ができる前は技能実習生で来日する外国人が多くいました。 在留資格が […]

在留資格の取り消しに関するデータ

入管

出入国管理庁が2020年の在留資格の取り消し件数は前年に比べ21.9%増え、在留資格が取り消された外国人は1210人いたことを公表しました。 2005年以降で過去最多となります。 在留資格別に見ると全体の46.4%が特定 […]

登録支援機関初の取り消し

入管

昨年新たな在留資格である特定技能という在留資格が新設されました。 それに伴い外国人を受け入れる際には登録支援機関を利用することが多くなっています。 登録支援機関とは外国人の受入機関(会社など)から業務を委託されて特定技能 […]



ページの先頭へ